山岸憲司 弁護士

山岸憲司 弁護士
氏名 山岸 憲司
生年 1948年(昭和23年)
出身地 新潟県
出身大学 中央大学
弁護士登録年 1973年(昭和48年)

経歴

昭和41年3月 新潟県立長岡高等学校卒業
昭和45年3月 中央大学法学部法律学科卒業
昭和45年10月 司法試験合格
昭和48年4月 弁護士登録(25期)
昭和54年4月 山岸憲司法律事務所開設
平成18年10月 リソルテ総合法律事務所設立に参加

役職・職歴・手がけた事件など

職歴

平成9年 東京弁護士会副会長
平成16年4月~
平成18年3月
日本弁護士連合会事務総長
平成21年4月~
平成22年3月
東京弁護士会会長/日本弁護士連合会副会長
平成24年5月~
平成26年3月
日本弁護士連合会会長

主要委員歴

昭和62,63年 法務省法制審議会民事訴訟法部会兼強制執行制度部会幹事
平成12,13年 法務省司法試験考査委員(民事訴訟法)
平成13年 外務省査察補佐官
平成19年7月~ 総務省年金記録確認中央第三者委員会委員

著作

著書

  • 「リース取引法」(共著・商事法務研究会)
  • 「ケーススタディ 不動産取引」(共著・商事法務研究会)
  • 「リース・クレジットの法律相談」(編著・青林書院)

論文

  • 「リース物件の途中引揚げと清算義務」
    金融・商事判例 増刊号No.782「リース取引」(経済法令研究会)
  • 「支払不能予見後の取引による回収不能と取締役の不法行為責任」
    「債権管理」(民事法情報センター)
  • 「請負代金債権の回収実務」
    「債権管理」(民事法情報センター)
  • 「清算義務」裁判実務大系22 金融信用供与取引訴訟法(青林書院)
  • 「請負人の留置権行使が可能な範囲」ジュリスト 増刊 担保法の判例Ⅰ(有斐閣)
  • 「弁護士の業務改革・意識改革と審理の改善」(自由と正義Vol.46、No.8)
  • 「日本リースオート 即時一括弁済方式による最短記録の更正事件処理」
    「債権管理」(金融財政事情研究会)

その他の分担執筆

  • 「企業責任の法律実務」(新日本法規)
  • 「親子・関連企業の実務」(新日本法規)
  • 「判例・先例リース・クレジット取引法」(金融財政事情研究会)
  • 「リース取引実務全書」(第一法規)

このページの先頭へ